「ほっ」と。キャンペーン

心拍がおかしい。

今回は先日まで入院していた病気について書いていこうと思います。

異変に気がついたのは4月の終わりの頃でした。
外構の打ち合わせを庭でしている時に起こりました。
急に、本当に急に心臓の鼓動が瞬間的に早くなりました。

ドドドドドドドドドドドドドド・・・・

言葉で表すならば、こんな感じでした。(ジョジョじゃないよ)
『 何これ?!』
と思った刹那、また普通の心拍に戻りました。

今までこんなことなかったので、とても気味悪くなりました。
それから数日して、床に落ちたおもちゃを拾おうと思ってかがんだ瞬間、
また例の動悸が起こりました。
その日から動悸の回数が増えました。
また、動悸が起きる日、動悸が起きない日に分かれ、動悸が起きる日には
一日に何度も異様な動悸が襲いました。
特にストレスを抱えている時に出やすく、長いもので5分間ありました。
その時に脈を計ると、270回/分 ありました。

病状が現れていても自分の都合のいいように解釈する私ですが、さすがに
これはおかしいと思い、循環器科のある内科を受診しました。
また、しっかり調べて欲しいと思ったので大きな病院へ行きました。

外来を待つこと3時間、診察に入りました。
そして、
● 急に動悸が襲うこと
● 数えてみたら、1分間に270回心拍を打つこと
などを伝えました。すると、

『 は?270回?(嘲る様な笑い。この脈拍を信じていない様子。)
 そりゃー多いですね。
 不整脈の専門の先生に回しますんで、今日はポータブル心電図つけて
 帰ってください。
 明日ポータブルはずしに来て、また3週間後来てください。
 そん時は不整脈の先生に変わってますから。
 はい、いいですよ。』

怒。

何、この先生?
バカにしてるの?!
イライラする気持ちを抑えて色々な検査にまわり、ポータブル心電図を
付けて帰宅した私でした。
結局、ポータブルをつけた日には発作は起きませんでした。
翌日ポータブルをはずして、予約日の3週間後を待つこととなったのです。
また、あんな先生だったらどうしよう。
信じてもらえなかったらどうしよう。
ただそれだけ思って過ごした3週間でした。

<< 不整脈専門の先生を受診。 に続きます >>
[PR]
by twins-house | 2007-08-07 21:06 | Life | Comments(0)