バセドウ氏病の症状。

甲状腺機能亢進症と診断された私。
内分泌の先生に、バセドウ氏病と言われました。
症状に当てはまるものは多々あり、それを私はいつものように、自分に
都合のいいように解釈していました。

バセドウ氏病の主な自覚症状・他覚症状を挙げてみたいと思います。

<< 自覚症状 >>
   ・ 汗が多い
   ・ 疲れやすい
   ・ 動悸がする
   ・ 手足が震える
   ・ 甲状腺腫がある
   ・ 暑さに弱い
   ・ やせた
   ・ 息切れする
   ・ イライラする
   ・ 食欲亢進
   ・ 排便回数が多い
   ・ 目の具合が悪い

<< 他覚症状 >>
   ・ 頻脈 (1分間に100以上)
   ・ 皮膚の変化
   ・ 震え
   ・ 甲状腺の血管音
   ・ 眼球突出
   ・ 心房細動

これらが挙げられていました。
その中で私が当てはまるものをピックアップし、私のいつもの都合の
いい方向へ考える説明付きでご覧下さい。

<< 自覚症状 >>
   ・ 汗が多い
     → 症状あり。夏だから汗が出るのは当たり前と思っていた。
   ・ 疲れやすい
     → 症状あり。子育ては疲れます。それゆえの疲れと思っていた。
   ・ 動悸がする
     → 症状あり。発作性上室性頻拍によるものだと思っていた。
   ・ 手足が震える
     → 症状あり。
       手が震えるときは字を書くとき。
        しかし、このPC時代。字を書く機会が少ないので、久々に
        書くから震えているのだと思った。
        足が震えるときは運転中アクセルペダルを踏むとき。
        小刻みにゆれ、上手くアクセルペダルの調節が出来なかった。
        我が家は車1台なので、あまり運転することがなく、久々に
        運転するが故の振るえだと思った。
   ・ 甲状腺腫がある
     → 自覚なし。
       しかし母には首が太くなったと以前から言われていた。
   ・ 暑さに弱い
     → 症状あり。夏だから暑いのだと思った。
       クーラーをつけないと寝れなく、5月からクーラーをつけて寝て
       いた。(ひとりだけ別部屋で寝てクーラーつけていた)
   ・ やせた
     → 症状なし。逆に下記にある食欲亢進のため、太ったくらい。
   ・ 息切れする
     → 症状あり。無意味に疲れ、息切れ。
   ・ イライラする
     → 症状あり。子育てするが故のイライラだと思った。
   ・ 食欲亢進
     → 症状あり。急に食欲がわき、四六時中食べている・・・
       そして体重増加。
   ・ 排便回数が多い
     → 自覚なし。
   ・ 目の具合が悪い
     → 最近目が腫れぼったくなった。水分の取りすぎだと思った。

<< 他覚症状 >>
   ・ 頻脈 (1分間に100以上)
     → 症状あり。発作性上室性頻拍によるものだと思った。
   ・ 皮膚の変化
     → 特になし。
   ・ 震え
     → 症状あり。上記参照。
   ・ 甲状腺の血管音
     → 自覚なし。
   ・ 眼球突出
     → 自覚なし。
   ・ 心房細動
     → 症状あり。発作性心房細動と診断される。

長くなりましたがこんな感じで病気のサインはたくさんありました。
しかし、全く気づきませんでした。
以前、心臓エコーの時に病院の方が不審に思われたのは、この病気の
せいでした。
そして、発作性上室性頻拍 になったとき、普通は発作時の心拍数が
200/分以下なのに対して、私は 240/分 だったのは、この甲状腺機能
亢進症と併発していたからだったということでした。
心臓の先生と私が妙に納得したことを覚えています。
別の病気のせいだった。
この一言に尽きます。

<< 甲状腺ホルモン数値①回目。に続く >>
[PR]
by twins-house | 2007-08-26 21:31 | Life | Comments(0)