体感する時刻。

今の家で暮らし始めて4年。
新居のお祝いとして友人からもらった時計が、全く違う時刻を告げるようになりました。
最初は電池がないのかな?と思いながら電池を換えて様子を見ていたのですが、
どうやら原因は電池ではないみたい。
それでも赤いスクエア時計が外せなくてそのままにしていたら、ある日突然落下!
露出した針は曲がってしまい、どうにも使えなくなり泣く泣く処分。
ありがとう、Sティンの時計!

それからは、なかなかピンとくる時計が見つからなくてズルズルやってきたのですが、
どうにも不便になりまして。
ところが昨日インテリアショップめぐりをしていたら素敵な時計を発見!

d0183368_211851.jpg


『100% 』 の時計、 " SUN " です。
デザイナーは坪井浩尚氏。

私達が求めていたのは、
● シンプルなもの
● どこかに赤を
● 秒針が露出したものではなく、ガラス面で覆われてるもの
この3点でした。

d0183368_21184696.jpg


赤い丸がご覧いただけるかと思います。
これは時計の名前の通り『太陽』を表していて、24時間で一周する仕組みになっています。
この赤い太陽、"日の出" と "日没" が見えるようになっており、夕方になってくるとだんだんと色が
変わります。
そして夜になると太陽は深い藍色になり、朝が近づくと藍色から赤色にだんだんと変色していくのです。

即決で購入しました。

赤を取り入れたいという希望は、赤い扉の部屋に掛けるから。

d0183368_21194172.jpg


先ほど電池を入れたばかりなので、これから夜の太陽を楽しみたいと思います。
久々に衝動買いしてしまいました。
素敵な時計に出会えてよかった!
[PR]
by twins-house | 2010-02-17 21:16 | Life | Comments(0)