わたしのおすすめ⑥.

やってまいりました、オタクなわたしのおすすめ。
実はこの記事全部書いてから間違って消しちゃって何気にショック…_:(´ヘ`」 ∠):_

さて気を取り直して。
今日ご紹介するのはアニメです。



d0183368_20153665.jpg


言の葉の庭
2013年劇場公開
新海 誠 監督/原作/脚本


こちらは、いつもレンタルショップで気になりつつも借りていなかったんですが、Twitterで知人がこの作品がすごく好きだって言っていて借りました。
で、借りて観た後もすごく気になっちゃって、増税前に「こんなに悩むんなら買っちゃえ!」と思って買いました(笑)。
そんな増税前マジックってすごいと思う。(しみじみ…)

こちらの「言の葉の庭」は先日行われた、ドイツアニメーション映画祭の長編映画部門で最優秀を受賞したとか。
すごい!でも、わかる!!

この作品のすごいところは、風景・美術背景がものすごくキレイで本物と見間違うくらい美しいところ。


d0183368_20152229.jpg


そして主人公の男の子、タカオがすごく純粋ですてきなところ。
まっすぐなんですよね。
未来(さき)を見据えてて、努力して、夢をかなえたいという志がすごくしっかりある子なんです。

そんなタカオの声は入野自由さん。
すっごくよく合ってて、この入野さんの声がまた聴きたくてブルーレイ買っちゃったとこもあるかも。
そういえば私、「千と千尋の神隠し」でハクがものっすごい好きだったんだ…!
(入野自由さんはハクの声をあてていらっしゃいました)
あとユキノさんの声をあてていらっしゃる花澤香菜さんの声も優しくて大好きです♡


終盤のタカオの吐露は鳥肌立っちゃう。
タカオという子も、入野さんの声も、まっすぐにすとーんと胸に当たってくる感じ。



d0183368_20152273.jpg

タカオが流す涙が、すごく綺麗なのです。
ピュアな涙。


愛(あい)よりも昔、”孤悲(こい)”のものがたり。


”恋” と呼ぶよりも “孤悲(こい)” と呼ぶ方がふさわしいなと、本当に思います。
ちょっと疲れたときとか、悩んでるときとか、なにかにつまづいているときとか。
そういう時に観ていただきたいなと思える作品です。



[PR]
by twins-house | 2014-05-14 20:50 | Life | Comments(0)