ヘアドネーション.

d0183368_11072001.jpg



姫がヘアドネーションをするために約2年半伸ばしていた髪を切りました。

ヘアドネーションとは、何らかの病気が原因で髪の毛を失い、ウィッグを必要としている子供たちに、医療用ウィッグに使ってもらえるよう、間接的に毛髪を提供する、一種のボランティアのようなもの。

本当は中学校の校則で、セーラー襟までの長さしか伸ばしてはだめなんですが、特例の許可をいただいて伸ばし続けていました。
このヘアドネーション、最低でも(うちが寄付するところは、ですが)31cm以上の長さがなければいけません。
加えて、姫は切ったあとも髪を結びたいみたいだったので、「結べる長さ+ヘアドネーション用31cm以上+調整用の長さ」で、だいたい腰あたりまで伸ばしていました。




d0183368_11072142.jpg




美容院に行って切ってもらいます。
こんな感じで小分けに、それぞれ31cmの長さを確保してもらって切る準備を。
最初のハサミ入れは、サロンの美容師さんが姫に切らせてくれました。

切ったあとはこんな感じ。




d0183368_11072020.jpg




髪の毛が茶色いですが、地毛です。
もともと少し茶色味がある髪で、また、生活していくなかで紫外線などにさらされて傷んだんだと思います。
そうそう、このヘアドネーション、髪の毛を染めていたり、パーマをかけていたり、傷んでいてもいいんですって。

この週末に送付する予定の姫の髪の毛。
少しでもお役に立ててもらえたらうれしいな、って姫が言ってました。
お力になれますように。


姫が送るヘアドネーションについてはこちら↓

[PR]
by twins-house | 2017-07-07 11:24 | Twins | Comments(0)