「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:House( 101 )

d0183368_08375845.jpg

今日は、以前もチラリと紹介したことのあるこちらについて。


無印の『壁に付けられる家具』シリーズです。

我が家には色々とフィギュアがありますが、それらを飾るために、以前はこちらの無印の『壁に付けられる家具・棚』を使っていました。
IKEAの家具で作ったフィギュア棚が出来てからは、取り外したまま、使われることなく放置されていたこちら。

ちなみに購入していたのはこちらたち。


88cmのものは2つ……いや、3つ?くらい買っています。

取り付けた感想としては、シンプルかつすっきりしてとてもいい感じでしたが、とにかくこれを設置するにはまず『壁に穴を開けなくてはならない』ということ。
新居で壁に穴をあけるのはちょっと…とか思っていると、なかなかこういう家具は取り付けられませんよね。
しかもこの棚の取り付け部品がけっこうなものでして。
けっこう頑丈な感じのピンで穴も思ったよりしっかり開いてしまいます。
まあそれは、物を乗せる家具なので丈夫でないと困りますもんね。

で、そろそろこの壁に付けられる家具を有効に使おう!ということで別部屋に設置しようと思ったのですが、ここで困ったことが。
なんと、取り付けパーツ・部品がまったく見当たらない!
捨ててはない……捨ててはいないはずなのに、どこを探しても見つかりませんでした。
こりゃ困った……部品がないと取り付けられない……と思っていたのですが、さすが無印さん、部品も別売りで売ってありました。


ひとつも見つけることができなかったので、家具の数だけこちらも購入したので、結構いいお値段になってしまいました…。
でも取り付けられないよりはよっぽどいいかなと思って!


d0183368_22480490.jpg


以前はフィギュアを載せていましたが、これからはマンガを載せていきたい所存です。

ちなみにマンガを立てるとこんな感じ。


d0183368_22493421.jpg


ちなみにブックスタンドも無印のもの。

おお振りは、ふつうのコミックス(ジャンプコミックスとか)と比べてちょっと大きいので、ちょっとはみ出るかな、くらいです。
(余談ですが、おお振りでは田島が好きです♡)
設置したこちらのスペースは我が家で唯一のクローゼットで、せまい狭い部屋なのですが、壁の上部ってあまり用途がなかったのでいい収納スペースができて個人的に非常にホクホクです。
でも設置して早半月が経つのですが、どのコミックスを置こうかとまだ悩んでいる最中。
この間、ずっと気になってて仕方なかったワンパンマンとDAYSとヒロアカを我慢できずに一気に買い始めたので、たぶんそれらが並びそうな予感…。

そうそう。
実は『壁に付けられる家具』、まだ他にあるんです。



こちらの『壁に付けられる家具・長押』も買ってるんです。
でもまだこれ、半年以上たった今でもまだ取り付けられずに箱の中に…。
澤野弘之さんのとか、Aimerのとか、ハイキュー関連のCDとか…もろもろ飾って愛でたい……と思って買ったんですが、いま自分が取り付けたいなと思っている壁はまっさらで広くてキレイで、穴をあける踏ん切りがつかないのです。
白くて広い壁に穴をあけるって、とっても勇気のいる行為。
また取り付けられたら報告しますね。



[PR]
by twins-house | 2016-10-25 23:04 | House | Comments(0)

障子で遊ぶ.

d0183368_09071789.jpeg



我が家には小さいですが和室があります。
最初の設計案では和室はなかったのですが、小さくても和室が欲しくて取り入れてもらいました。
和室には窓があって、はめ殺しの障子もあります。
普通は障子紙って全面に貼るのですが、全面に貼ってしまうと窓の開閉ができません。
なので障子紙は鍵の開閉が出来るように真ん中をくり抜いて、あとは風が通りやすいように主人の気分次第で適当にくり抜いてもらっています。
今はこんな感じ。
こんなことをするのは邪道なのかもしれないけれど、これはこれで結構いいものです。
畳に映る影もキレイ!
ちなみに寝相が悪い双子がいるので、いつもどこかに穴があいています…。
今は2ヶ所かな?
さあ、また貼り替えてもらわなくっちゃ!




[PR]
by twins-house | 2016-03-07 09:06 | House | Comments(0)

10年過ぎてもお気に入り.

d0183368_07480591.jpeg



いつ見ても好きだな〜って感じる我が家の設備。
どうしてもパチパチと入り切りしたくて、当時は自分たちで色々と探しました。
これを設置したいと言ったときは「外国モノだからすぐ壊れちゃいますよ?」的なことを言われて設置を渋られたんだけど、やっぱり取り付けてもらってよかった。
10年経ちますがまだどこのスイッチも壊れていないし、なによりも『自分たちがこだわって取り付けてもらった』ということもあって、いつまで経ってもお気に入り。

"建築家とつくる家" として根底的なところで「満足のいく家づくり」がまったくできなかった我が家ですが、自分たちがこだわって取り付けた設備はやっぱり愛着満点です。
それだけが今となってはわたしたちの "救い" なのかもですね。



[PR]
by twins-house | 2016-03-05 07:46 | House | Comments(0)

d0183368_14461290.jpg



今年の8月で、この家ができてから10年目を迎えました。
この家に住んで丸9年ですか…。
もうそんなに経ったんだな、というのが素直な気持ちです。

さてさて、毎年恒例の愚痴記事いきますよ。


"建築家との家づくり” って一体なに?
[PR]
by twins-house | 2015-10-16 15:10 | House | Comments(0)

iittala Kastehelmi Plate 31.5cm.

先日、欠けてしまった食器の買い足しをしたときに、新しいお皿も一緒に購入しました。
みなさまもご存じ、iittalaのKastehelmi(カステヘルミ)です。


d0183368_15540795.jpg



もともとカステヘルミのプレートは、10cmの大きさのものを何枚か持っていたのですが、ホールケーキやピザなど、ちょっと大きめサイズのものを載せたかったので、いい機会かなと思ってカステヘルミの31.5cmを購入しました。
このカステヘルミ、やっぱり何度見ても美しいですね~。



d0183368_15502342.jpg


朝露のようなこのしずくの美しさがたまりません。
陽の光にあたってキラキラするその様は、ずっと見ていても飽きないくらいです。

今回購入したのはアップルグリーンとウォーターブルー。
クリアは以前購入した10cmを持っているし、グレーとも悩んだのですが3枚も買う勇気がなくて姫と若の好きな色(青と緑)にしました。

しかし、31.5cmはやっぱり大きいですね。
ピザもホールケーキも余裕で載せれる大きさです。
他にも17cmや26cmのものもありますが、ほかに持ってるプレートがそのサイズが多いので今回は見合わせました。

いやはや、新しいお皿を買うとわくわくしますね。
眺めるもよし、食事に使うもよし。
大切に使っていきたいと思います。


d0183368_15460483.jpg

10cmサイズのプレートも重宝してますよ!

[PR]
by twins-house | 2015-10-02 16:00 | House | Comments(0)

お気に入りの設備.

義妹が今、おうちを建てています。
ハウスメーカーでの建設ですが、義妹が我が家で気に入ってる箇所をいろいろと取り込んでもらおうと打ち合わせを重ねてると聞いて、心中は複雑ではあるけれども、嬉しさもあり。
彼女には満足のいく、素敵な家を建てて欲しいな。

さて、
お気に入りの設備というものは、いつまでたってもお気に入り。
以前も紹介しましたが、我が家のスイッチ。
自分たちで色んなところで探して、取り付けてもらった一種です。


d0183368_17481467.jpg


パチンパチンっていう入切の音がすきです。

ひとつでも多くのお気に入りを取り込んでいれば、少しでも家に愛着が持てるのかも。
どうかな。





[PR]
by twins-house | 2014-06-14 17:58 | House | Comments(2)

ONとOFF.

ひさびさに家のお話でも。

この家に住んで8年目。
設備はほとんど自分たちでいろいろ調べて選びました。

その中でお気に入りはこれ。


d0183368_2312032.jpg



どうしても普通のスイッチプレートが好きになれなくて、そしたらダンナが
「ぱちん、ぱちんってやるやつ、よくない?」
と言いまして。
あ!それはいい!!ってすぐに思って調べて、これにした覚えがあります。

この家(間取りとか外観とか)についてはすでに諦めの境地なので特に何も感じませんが、自分たちがひとつひとつこだわって調べて、選んで、設置してもらった設備だけはすごく満足してます。

海外の物だから壊れやすいよって建築家&施工会社の人に言われましたが今のところ大丈夫です。
我が家にはこのタイプのスイッチが2種ありますが、8年経った今でも照明をつけるときにわくわくします。

こういうところに救われてます。

今も思う、本音のお話をちょっとだけ.
[PR]
by twins-house | 2014-04-19 10:49 | House | Comments(0)

何年経とうとも。

このブログを以前から読んで下さる方、また、エキサイトにお引っ越ししてから最初の記事から読んで下さった方などなど、ご存じの方もいらっしゃるでしょう、"我が家の家づくりの後悔" について。
完成後に味わったやるせない気持ちは、6年経った今でも忘れることはできません。

先週末、義妹のアパートに泊まりに行った双子たち。
義妹のアパートは、私たちと同じく後悔の念を抱かれたお宅の近くにあります。
お泊りをルンルン気分で楽しみにしている双子を乗せて、アパートまでもう少し、というところで若が言いました。

「もう少し行ったらね、ぼくの家とおんなじ家があるんだよ~。何でかね~?」

……ショック。

いつかは分かると、いつかは聞くであろうと思っていたけれど、双子の口から聞くとショックです。
Only Oneの家づくりを目指していた私たち。
でものちに、Only Oneではないと知りました。
それを知ったときの悔しい気持ちや、無念さは筆舌に尽くし難いものです。
あれから6年が経ち、以前抱いていた気持ちは "あきらめ" という言葉に変わり、

「素敵なお宅ですね」
「建築家と作られたの? いいわね~」

というまわりの人からの言葉に、

「ありがとうございます」

と笑って返すことが出来るようになりました。
けれど、"笑って"、"ありがとうございます" と返すことがどんなに苦痛か。
今はその痛みを、"あきらめ" という言葉でごまかしてます。

でも、やっぱり双子からの言葉には傷つくなぁ。
そうだよね、普通にハウスメーカーで家を建てても、そっくりな家なんてあんまりないよね。

こうやって、忘れようと思っても忘れられない私たちの家づくり。
思い出しては傷つき、落ち込み。
執念深いなぁなんて思われる方がいらっしゃるかもしれないけど、当時の私たちの、"私たちだけの家づくり" の気持ちは、それほどまでに熱く真剣で、全力で取り組んでいたのです。

わたしが思うに、ケアが必要だと思います。
心のケア。
ブッキングをしていたことを指摘されてからの施主側への心のケア。
「申し訳ありませんでした。今後もいろいろと参考させて頂きたくお付き合いください。」
って謝罪の言葉を聞いたけれど、結局、"今後もお付き合いさせてください" っていう言葉は叶えられることなく、一度もお会いしていませんし、お話しもしていません。
でも、"いい関係" を保っている施主さんのお宅には建築家さんやスタッフさんが行ったり、交流しているみたいです。
見てないだろうと思ってるかもしれませんが、見てるんですよね…って、なんかわたし執念深い?(笑)

d0183368_9171658.jpg


こうやって、思い出すたびに、記事にするたびにまた傷つくんです。
傷つくなら書かなきゃいいのに、って思うけど、書いておかなきゃとも思う。
これぞ矛盾。
[PR]
by twins-house | 2012-05-28 09:46 | House | Comments(12)

sansa stool.

春の嵐、どころじゃなく、すごい風と雨でしたね。
夜はすごい雷の音と豪雨でなかなか熟睡できませんでした。
みなさまのお住まいはいかがでしたでしょうか?

さて、"ORI stool” に続いて今回はこちらを。
ORI と一緒に購入した "sansa stool" です。

d0183368_9103394.jpg


スツールの裏に貼ってある作品シールが結構お気に入りで剥がせません。
普段は見えないんですけどね。


d0183368_23214419.jpg


この sansa は店頭にはなくて、カタログで選びました。
ちなみに我が家は 『ブナ/ホワイトアッシュ』 です。
他の木材も気になったんですが、何せサンプルがないので(木材の)、どんな感じの手触りや色味なのか
わからないので冒険できず、断念。
オーダーメイドだということで、3ヶ月後の納品と言われました。
実際はもうちょっとかかったかな?


d0183368_23221327.jpg


このスツールの面白いところは、座面がくぼんでいるということ。
座ると、お尻がくぼみにフィットするのです。

一度座ったら、ちょっとクセになりますよ!
[PR]
by twins-house | 2012-04-04 09:32 | House | Comments(2)

さて、新居での生活、4年目がスタートしました。
とりあえず、今年の目標は、

① シンプルな生活
② 自分の納得のいくものを選ぶ
③ 整理整頓を心がける
④ 庭の手入れを怠らない

です。
毎年毎年同じような目標を掲げていますが…(笑)

新居での生活4年目に突入して、思うところは色々とあります。
一番気になっていることは、施工会社に不具合箇所の修繕をお願いしているのにまだ来てもらえてないこと。
修繕は2件お願いしてます。

まずひとつは、床置きエアコンの真ん中にある柱。

d0183368_0191488.jpg


建築完成からたった4ヶ月で剥がれ落ちたタナクリーム。
エアコン(暖房)を使い出してちょっとしてからヒビが入り、ボロボロとはがれてしまいました。
子供がちょっと触るだけでボロッと剥がれ落ちたこの箇所。
あっという間にこんな姿になりました。

d0183368_0193490.jpg


最初はうちが悪いのかな…と思っていたのですが、建築3年経っても他の箇所の壁は剥がれ落ちなかった
ため修繕をお願いしました。
というのも、ここの箇所だけ生木に直接、壁材(タナクリーム)を塗った箇所だったからです。
他の箇所と同じようにボードをはってから塗ったのなら剥がれ落ちることもなかったはず。
ということで、担当者の方に説明をして修繕をお願いしていました。

もうひとつの修繕箇所はトイレの天井。
最初は白くて(というか、天井をじっくりみることがなかったので気付かなかったのですが)1年過ぎて
気付いた箇所です。
ここです。

d0183368_0201318.jpg


分かりやすくするために、写真に補正をかけました。
木造住宅なので、壁と天井の隙間は仕方ありません。
が、問題は天井。
ちょっと茶色く見えるのがお分かりになるでしょうか?
実はここ、肉眼で見ると穴が開いている(たぶん何か当てた感じ)ところに、タナクリームを塗ったよう
なんです。
どうして分かったかというと、我が家の壁は自然塗料(タナクリーム)ですが、天井はクロスなんです。
明らかに壁を塗っているときに天井に穴を開けてしまって、穴を塗りつぶしてごまかしたって感じです。
だって、壁塗りの時はすでに天井のクロスは全部貼り終わっていたから。
ここは絶対施工時のミス箇所。
直して頂かないと気がすみません。

と、まあ、この2点の修繕をお願いして2年近く経ちます。
確か2月か3月ごろに担当者さん(建築時の担当者は異動になったので別の方)にお会いした時にも
「まだなんですか?」とは聞いたんですけどね…。
あれからもう半年が経とうとしてますがどうなんでしょうか。

建築後、施工会社もそうですが、建築家さんともお付き合いがありません。
建てたら終わり、なんでしょうか?
建築家さんは他のお気に入りさんのところとはお付き合いがあるみたいで(施工主さんのブログとか見て
たらそんな感じ)、建てた側としては非常に複雑。
我が家は いろんなこと もあったし、余計にそう思うんでしょうが…。
この件は皆様に打ち明けたことで心が少し軽くなりはしましたが、今でも心痛箇所であることは変わりあり
ません。
しかし建て直すことは出来はしないのでウジウジもしてられない。
頭ではそう思っていても、心は正直なんですよね。

とにもかくにも。
4年目に入った新居での生活。
思うところはあっても、これまでどおりに私達の生活をしていきたいと思います。

あと目標もうひとつ。
今年はもうすこしブログの更新を頑張りたいと思います・・・!
[PR]
by twins-house | 2009-08-02 00:18 | House | Comments(0)