ご無沙汰しております、twins-houseです。
今回はひさしぶりのDIY記事を。
といっても今回は質問にお答えする詳細編になりますので、DIYしたっていう感じではないのですが、参考までに。

タイトルでも書いていますが、詳細を語るのはマンガ用の本棚のこと。



あれから、設置していた部屋は双子の勉強部屋になり、本棚は2階のフリーフロアに移動しました。



d0183368_09190877.jpg


マンガ本はわたしより双子がよく読むので、少年漫画が乱雑に置いてあります。
整理整頓しようね、双子たち…。

で、今回くわしくお話するのは、この本棚の中に設置したコの字型の木材についてです。



d0183368_09204387.jpg



ひとつのスペースの中にたくさんマンガ本が置けるようにコの字型の木材をDIYして入れています。
正面から見るとわかりにくいですが、下の段の ”BLEACH” は奥と手前、2列にマンガ本が収納できています。



d0183368_09204314.jpg



木材だけにするとこんな感じ。
うちは主人が接着剤でくっつけたのですが、こうやってみるとただ木材だけを切って、コの字型にのせるだけでも全然大丈夫だと思います。

サイズいきます。



d0183368_09233136.jpg



板の厚みは120mm(12cm)といったところでしょうか?

続いて、上の天板のサイズ。



d0183368_09245319.jpg


d0183368_09245209.jpg


上の天板の長さが370mm(37cm)かな。
写真で見るとちょっと370mmは超してるんだけれど、本当にがっちりキツキツにはまるので、少しくらい余裕持たせてもいいかも。
結局はマンガ本の厚みがあるから、マンガの厚み分ほどの隙間が無ければ問題ないと思います。

それでもって、木材の幅。



d0183368_09245272.jpg


ちょうど200mm(20cm)でした。

続いて、足になるほうの板の長さ。
コの字の高さになるとこですね。


d0183368_09284236.jpg



180mm(18cm)です。
天板の厚みを加えると190mmちょいかな?


このあたりの調整ってかなり大事です。
とにかく、このコの字の中にマンガ本が入らないと意味がありません。
同じ写真載せますけど、伝えたいのはコの字の中の高さ。



d0183368_09204387.jpg



このあたりがギリギリだと思います。
思えば、木材の厚みをちょっと薄目にするのがいいのかも。
そうするとそれぞれ板の厚み分、余裕がでてきます。
うちの木材だとかなりガッチリしてるイメージ。
そのあたりはみなさん、調整してみてください。

とりあえず、うちは木材カットはホームセンターにお願いしました。
切ってくれる店員さんによって誤差が出ることもありますのであしからず!


こんな感じかな?
るなさん、どうでしょうか?
また分からないところがあったら聞いて下さい!




d0183368_09284298.jpg

[PR]
by twins-house | 2017-08-17 09:38 | DIY | Comments(1)

さて、我が家のマンガもだんだん増えてきて本棚を導入しないとだめだ~ってくらいの量になってきました。
ところがこのマンガ本用の本棚。
色々と探しに行ったけれど、なかなか気に入るものがありません。
IKEAも見たけどイマイチだったし、マルゲリータの本棚もいいな…と思ったのですが、うちは斜め天井で設置が難しいということで断念。
いろいろ迷った挙句、既製品の普通の収納棚を簡単にDIYすることになりました。

まず、本棚の設置場所は、以前主寝室として使っていた部屋。
義両親が半年間同居していたときその部屋を使ってもらっていたのですが、同居が終わったと同時にベッドも処分し、その元主寝室(通称 ガラスの部屋:壁の一面がガラスなので)は現在、昔のソファが置いてあるだけになっていました。
そこに新たに仲間に入ったのがこちらの本棚です。



d0183368_09000050.jpg



なぜ2列にしたかというと、将来的にこの上にテレビを置きたいから。
今はまだ必要性を感じないので買い直しませんが(去年、実家に譲ったので)今年~来年あたりには…と目論んでいるところなのです。

さて。
この無印のシェルフ、自由に組み合わせることができるシェルフ。
本当は6段×2列にしたくて「じゃあ組み合わせよう!」ってなったのですが、無印の店員さんが調べて下さった結果、強度的な問題で6段には組み合わせることができないことが判明……残念。
同じシリーズで1段×2列のみ…というシェルフもあるので、どうしても必要ならばまた買い足したいと思います。

で、この5段×2列のシェルフ。
ひとつあたりの空間にはちょっと奥行きがあります。
高さもあります。
だったらマンガを奥と手前に置いちゃおう~マンガも上下2段入るなら入れちゃおう~~っていうのがマンガ持ちの心理。

ということでホームセンターに木材を買いに行きました。




d0183368_12523006.jpg



自分で切ると誤差が出ちゃったりして出来栄えも見栄えもよくないので、ホームセンターでカットしてもらいました。
このサービス、ちゃんとミリ単位で指定しても切って下さるんですね~。

で、こちらの木材をダンナが丁寧にやすりをかけてキレイにし、木工用ボンドで接着。




d0183368_12550618.jpg



もはやDIYではなく、図工のレベル。
この形を10個作り上げたら完成です。




d0183368_12555539.jpg




最初はコの字を組んで入れるんじゃなくて、天板だけを載せるように(シェルフ自体にも加工して載せれるように)しようとダンナは考えていたようなのですが、もし別の用途で使うようなことがあったときに加工跡が残るのでやめてもらいました。
コの字にするとその木材の厚みの分、本が入らなくなっちゃうよ?と言われたのですが、それはそれで仕方ない。





d0183368_13072281.jpg



ひとつのスペースで見てみると、コの字の上の段はだいたい単行本25冊分。
下の段は木材分の厚みがあるため、2冊すくない23冊くらい。
で、奥行きがあるため奥と手前に置けるのでその2倍。
上の段は50冊、下の段は46冊分、だいたいひとつのエリアに100冊弱の本が収納できます。
このスペースが10スペース。
1000冊…まではいかなくとも、だいたい900冊以上の本が収納できるってこと?
ん~~~、いいじゃないですか~~♪

まだ全部は移動できてないし整理も出来ていないんですが、とりあえずはドラゴンボール並みにあちこち散らばってたマンガ本を一ヶ所にまとめることができてうれしい~。
時間があったら、どこの段にはどんな本があるか、ちゃんと分かるようにシェルフに本棚シールでも作ります。
じゃないと奥の本は何が入ってるか分かんなくなっちゃいますからね~。
ソファもあるし、エアコンもあるし。
快適な図書室になりそうです♪



[PR]
by twins-house | 2016-02-02 13:24 | DIY | Comments(4)

我が家のブログにアクセスしていただくキーワードで一番多いのが『DIY』についての記事です。
ということで「DIYのその後」という形で、DIYを行った場所が数年経ってどのように変化があったのかを記述していきたいと思います。
今日はピンコロ敷きについてです。

我が家でピンコロ敷きを行った部分は、玄関前からリビング~キッチン前の開口窓の前の部分。
過去の記事はこちらになります。(★過去の記事はこちら)



d0183368_09202441.jpg



こちらは記録を見ると2006年の10月ということで、今から9年前ですね。
水平をとって水糸を張りながらの作業です。
まずはピンコロを置く部分の土を掘り、そこにピンコロを置いてひとつずつ水糸を見ながらだいたいの調整を行っています。



d0183368_09221773.jpg



ピンコロの数も(よく覚えていませんが)かなり大量に買い込んだ記憶が。
そしてあらかた出来たらセメントをねって、ピンコロの下に敷きます。
このとき水糸を見ながら、水平に、ピンコロの平面がキレイに並ぶように調節しながらセメントを入れていきます。
で、たしかダンナはこのピンコロの下地のセメントが固まってから目地を詰めていってました。
目地の部分は綺麗にしようと思ったら間に厚みのある板を挟んで目地の大きさを統一するのもありかもですよ。




d0183368_09242839.jpg




あと、この目地の部分。
上からみたら綺麗に隙間が統一されてるように思うかもしれませんが、ピンコロは平面にかなり凹凸があるので、意外にセメントをたくさん使って詰め込むような形になります。
目地のコテを使っていくのですが、セメントが結構入る入る…。
上辺だけじゃなくてちゃんと中まで詰めておかないといつの間にか目地の部分が奥に落ち込んでしまったり、ピンコロがうまく固定されてなくて崩れちゃったり…っていうこともあるかも。
あ、これはあくまでピンコロ一列敷きで、そのピンコロの上にも人間が乗る可能性があったら…の場合ですけれど。


そして我が家はその一列敷きの他にもピンコロを敷きつめる方法でもDIYしています。




d0183368_09313098.jpg




この時ダンナが苦労していたのは、ピンコロひとつひとつ大きさもまちまちなので、同じように6個ずつ敷いていても大きさによって6個入らなかったり、逆にスカスカになってしまったりしていたこと。
ひとつずつ見比べて厳選しながら敷いていました。
で、それでも入らなかったらピンコロ石を割って入れていましたよ。
よく見ると中途半端な大きさのピンコロ石が(タイル側の列)あるのが分かりますか?
あれはたしかダンナがひとつずつ調整しながらピンコロを割っていたのでした。

さて、それから9年経ってどのように変わったか。
上のダンナが敷いてる部分はこのようになっています。




d0183368_09340825.jpg




特に破損もなく、可もなく不可もなく…。
あ、そうだそうだ、ひとつだけ。




d0183368_09351680.jpg



これは仕方のないことですが、クラック(亀裂)が入っている部分もあります。
こうした部分は特に何もしていません。

DIYって一旦作業をやり始めるとちゃんと完成しなければいけません。
特にこのピンコロ敷きなんかは私のような面倒くさがりの性格には向いておらず…。
ダンナがマメなひとで本当によかったです。



d0183368_09365779.jpg



余談ですが、芝生も植えてから9年経ちました。
まわりからもよく言われていましたが、敢えてここでも。

『 芝 生 は 管 理 が 大 変 で す ! 』

植え始めや、目地が芝で埋まってしまうととても綺麗な緑で埋め尽くされる芝生。
その状態を保つために管理はしてきましたが、うちは田舎な上、まわりを山で囲まれているので、雑草の種なんかあちこちから飛んでくるのですよ。
その上、雑草が生え始めると抜いても抜いても追いつきません。
抜きやすい雑草、抜きにくい雑草、色々あります。
最初の何年かは根気強く抜いていましたが、とうとう雑草の数に手が追いつかず…。
ジャリジャリジャリ…と芝刈り機で一緒に刈ってしまうこともしばしばです。
そうすると雑草もさらに強くなっちゃうんですよね…悪循環。
でもまあ、それでもいいか~と思える性格なので、無理をせず手入れをしていきたいと思います。(…ってほど手入れしてない私)

そして最近のDIY。
DIYって言えるのか分かんないですけど、IKEAの材料を使ってフィギュア棚をダンナに作ってもらいました。
ご紹介したいんだけど、惜しいことに作業中の写真を撮ってないんですよね…!
こちらのフィギュア棚、かなり私が希望していた作りになってるからぜひDIYのタグをつけてご紹介したかったのに残念です。
iPhoneで撮っていた画像が見つかりましたので、記事にしました!DIY第22弾… フィギュア棚

またなにかDIYをするときはちゃんと写真撮りますね~!



[PR]
by twins-house | 2015-10-30 09:55 | DIY | Comments(2)

DIY第20弾…内緒のDIY。

ダンナによるDIY。
割とちょこちょことDIYしてくれているのですが、カメラにおさめてなかったりで、すっかりご報告する機会が減っておりました。
そして今回ご紹介するのは、5年前のDIY。
もう時効だろうと思ってUPします(笑)

5年前に行ったのは、敷地と道路との境界線。


d0183368_10354498.jpg

これが結構くせ者で、敷地の外、つまり道路のアスファルトがもともと剥げていて、そこから雑草が生えたり土が流れたり雨水がたまったり。
我が家の土地に対して道路は傾斜があって北(画像では手前)に行くほど道路が上がっています。
なので擁壁を作ってもらう時も土地や建物のレベル(高さ)をどこのあたりまでもってくるかでずいぶん悩みました。
で、この土嚢が積んであるところから雨の時は道路からの水がどんどん敷地に入ってきてそれはそれは大変なことになることがしばしば…

ということで、L字側溝をですね、それっぽくDIYしてしまいました。

本当はNGだとのちに聞きましたが(ということにしておいてください/笑)、本当はどこかに言って舗装してもらうそうです。(だったかな?記憶がすでにあいまい…)
でもすぐにやってもらえるか分からないし、雨はこれからバンバン降るし…で、DIY決行です。


d0183368_104635.jpg

まずは土嚢を除けて、土を掘ります。
雑草などもあるのでちょっと深めに。

L字側溝は上記の理由からかどこのホームセンターへ行っても売ってませんでした。
それでどうしたかと言いますと、I字ブロックを使って代用することにしました。


d0183368_1053691.jpg

↑この写真はとりあえず購入してきて、なんとなく、だいたい並べてみた図。
いっこいっこが結構重たいんですよね。
コンクリの塊ですものね。


d0183368_10565933.jpg

さて、作業開始です。
理想は "L字側溝っぽく、現存してるL字側溝と続きになるように" です。
ブロックとブロックの間には板を挟み、目地分を確保します。


d0183368_1105686.jpg


目地を埋め終わったら型をくみます。
現存のL字側溝の位置に合わせて組んでいき、それから鉄筋を入れます。
ここから車が出入りするようになるので鉄筋を入れて強度をつけるためです。

鉄筋を入れ終わったらコンクリを練って、どんどん入れてキレイにならしていきます。


d0183368_113065.jpg


だいたいコンクリが固まりそうかな~という頃合いを見て、I字ブロックの目地のあるところから細いコテを使ってL字側溝っぽく演出。


d0183368_1183268.jpg


L字側溝風にしてコンクリが固まったら型枠を外し、アスファルトまでの不完全な個所をまたコンクリで埋めていきました。
上の画像でいうとL字側溝風のところからアスファルトまでの土になっている部分です。
この部分はホント、「埋め合わせる」という感じでつなげていきました。

…が、ここからもう画像がありません。
上の過程まで撮影してて、完成を撮影してなかったんですよね…すみません!
一番肝心な仕上がりをお見せできない…のはさすがに心苦しいので色々と探しました。
色々画像を探した結果、それから4ヶ月後の外構工事を撮影した一枚にチラリとありました。
こちらです。
分かるかな?


d0183368_11124738.jpg


いかがでしょうか、なかなかきれいに仕上がりました。

このDIYから早5年。
擁壁や外構のコンクリは汚れが目立ってきました。
近々高圧洗浄機を購入してキレイにするぞ!! と意気込んでいる新居生活6年目です。
その際はまたご報告しますね~
[PR]
by twins-house | 2012-04-13 08:26 | DIY | Comments(2)

庭小道とボーダー芝。

もうどこからご報告したらいいのか分からないほど手を入れ始めている庭です。
とりあえず、今日は庭の小道についてご報告です。
以前から、庭の小道はピンコロでやろう…という話が出ていたのですが、これがまた
結構大変な作業なんです。(私がやるんじゃないんですが)
作業時間もかなりかかりますし、なにしろ、ピンコロ代が馬鹿になりません。
本当にすごい金額がかかってしまうんです。
そこで私たち、ついに妥協しました。
石板を買って、それを置いていくことにしました。

d0183368_21412081.jpg


使用する石板は 30×60(cm) の御影石。
和風になってしまうかな…という懸念はありますが、背に腹はかえられません。
そこはなんとか、ほとんどないに等しいデザインセンスを駆使するしか…

d0183368_21413592.jpg


水平をとりながらキチンと並べていくダンナ。
性格が出ています。
きっと私だったら乱雑に置くに違いない!

d0183368_2142057.jpg


引いて見てみるとこんな感じです。
土が見えている部分はいずれ全部芝にしてしまうつもりです。
早く芝を張りたいです。
そうだ、芝を張りたい、で思い出しましたが、上の画像で手前の方にちょっと芝が
見えていると思いますが、先日芝を張ってみたんです。
また後日ご報告します。

そしてエントランス部分に種をまいていた芝 。
1ヶ月経つとこんなに成長していました。

d0183368_21422289.jpg


緑が濃いです。
実はすでに芝刈りも行ったのですが、ここで高麗芝との決定的な違いが…
この 『アリッド3』 という芝、ものすごく水分が多いのと、葉が柔らかいんです。
ですので、芝刈り機で刈ると、中の歯の部分に刈り取った芝がものすごいついていて
大変なことになっているんです。
水分が多いので、うまく刈れないところもあり、芝の葉が縮れたように刈れている所も
あったりして、この部分が後日茶色くなってしまったりと、ちょっと考えモノ。
とても綺麗な緑なんですけど…
慣れたらもう少し違うのかな…と思いながらも、今後も奮闘してみたいと思います。
[PR]
by twins-house | 2008-05-22 21:40 | DIY | Comments(0)

DIY第18弾…ピンコロ敷き

自分でUPしておいて何ですが、ケヤキの記事の気持ち悪さに耐え切れなくて新しい記事を無理やり
UPします。
さて、今年初のDIYはピンコロDIYです。
以前もピンコロでは 軒下部分をずず~っとした わけですけれど、今回は玄関部分の間反対側を
行いました。
初期のDIYのときはまだ 外構工事を行っていなかった ので芝生と砂利との境のピンコロ敷きが
行えなかったのです。

d0183368_21355599.jpg


朝起きて気づいたらダンナがここまで行っていました。
DIY前の写真が撮れなかった…です。

d0183368_2136888.jpg


土の上に細かな砂利を敷いてピンコロを置き、水糸で水平を確認しながらピンコロの下をモルタルで固定。
それを全部行ってから目地を詰めていきました。
(いや、私がやったわけじゃないですが…)
また日を改めて目地を詰め終わった完成写真をUPしようと思います。
次のDIYはエントランス部分の予定です。
コンクリートで作ったボーダーの終わりの部分と砂利との区切りです。
ここもピンコロで作業していくつもりです。
梅雨に入るまでに色々と行いたいDIYがたくさんあって困ります。
(金銭的にも…)
[PR]
by twins-house | 2008-04-24 21:34 | DIY | Comments(0)

先日の記事 でもお伝えしましたが、先週 芝張りを行いました。
やっと芝張りを行える季節になったからです。
芝張りは去年以来。
去年は初めての芝張りに四苦八苦・・・
心底疲れました。
今回は心機一転!がんばりました。

d0183368_23543221.jpg


今回の芝張りは1日半かけて行いました。
芝が途中で消えているところから、ダンナのあたりまで芝を張っている
のがお分かりになるでしょうか?
擁壁から眺めたらこんな感じになります。

d0183368_23545575.jpg


やっぱり芝張りの作業の中で一番大変なのは目土入れだと
あらためて実感しました・・・
次回の芝張りはエントランスの工事が終わってからになりそうです。
[PR]
by twins-house | 2007-04-23 23:53 | DIY | Comments(0)

さて、先日ブログにアップしました、ジィジによるDIYですが、先週末に完成しました。

d0183368_23402378.jpg


こちらです。
双子のためのブランコです!
すべてジィジによる手作り!
『 こういうキットが売ってあるの?』 と聞かれたほどの出来栄え。

d0183368_23405091.jpg


双子たち、ご満悦の ピース☆

d0183368_23405934.jpg


ひゃっほーい!
双子たち、昨日は、朝の9時半から11時までずっとブランコばっかり。
ブランコを押せ、押せと、催促コールで母は疲れました・・・

d0183368_23411832.jpg


ブランコの横には、若の大好きな鯉のぼりも立ててもらいました。
さて、次は何が出来るかな?
[PR]
by twins-house | 2007-04-10 23:39 | DIY | Comments(0)

ジィジが双子のために何か作っています。

d0183368_23305462.jpg


さて、何が出来るのでしょうか?
乞うご期待!
[PR]
by twins-house | 2007-04-04 23:30 | DIY | Comments(0)

先日、『 スローに暮らす、それが目標 』 の ERI☆さん のブログで
ステキなクリスマスモビールを購入した記事を読んで、我が家も
クリスマスモビールが欲しくなり、探しに行くことにしました。
色々ネットで見てみたのですが、多くのものはペーパーモビールで、
私的には木製のモビールが欲しいな、と思い、ちょっと遠出して
木のおもちゃ屋さんに行ってみました。
色々、店の人ともお話してクリスマスモビールについて伺ったのですが
なかなか、『クリスマスの!』 というモビールは少なく、店内にもありま
せんでした。
そこで、いつものダンナの口癖。
無いなら作る。
・・・ということで、モビールを作ることにしました。
オーナメントはそこの木のおもちゃ屋で購入し、帰宅してから作業開始!

d0183368_20562827.jpg


木製の棒は色々ホームセンターで探したのですが、いい太さの
ものがなく、竹で出来たものを購入。
強度的にもコチラのほうがよさそうでした。
棒の先端には、本当は木製のものをつけたかったのですが、
これまた色々何軒もホームセンターをはしごしたのですがいいものが
なくて、結局木製のものはあきらめ、木粉粘土で作ってみました。

d0183368_20564464.jpg


何度でもやり直せるように、いくつも作ったダンナ。
ちょっと作りすぎ??
そして完成後は取り付け。

d0183368_2057296.jpg


ダンナの丁寧な仕事が見て取れます。
クリスタルのオーナメントがとてもキレイで、昼間は太陽の光を
うけ、あたりに小さなたくさんのプリズムを発しています。
今は夜の照明をうけ、ゆっくりと、ゆっくりと回転しています。
照明好きな私ですが、モビール好きにもなってしまった様子・・・
我が家の3つ目のモビールはダンナの手作りモビール。
とってもステキなクリスマスモビールが出来上がりました!
[PR]
by twins-house | 2006-11-28 20:54 | DIY | Comments(0)