先日、我が家の双子の誕生日を迎えるにあたり、個人的に仲良くさせて頂いている
『 スローに暮らす、それが目標 』 のERI☆さんより素敵なプレゼントを頂きました。

d0183368_21372367.jpg


いがらし ろみさん著書の 『 ふたつのバースデーケーキ 』 という絵本です。
題記にも書いたとおり、この絵本の主人公は 女の子と男の子 の双子ちゃんの
誕生日の絵本です。
ERI☆さん自身も持ってらっしゃるそうで、ぜひ私にとわざわざ送ってくださいました。

d0183368_21374372.jpg


双子ちゃんが自分のバースデーケーキを作るお話なのですが、ちゃんと
作り方まで載っています。
それを基にして、私も双子のケーキを作ってみました。

d0183368_2138758.jpg


本当はブルーベリーとイチゴを使用するのですが、イチゴは時期的に見つから
ず、仕方なくミカンにしてみました(笑)
ちょっと斜めっていますがご愛嬌。
それがちょっと可愛かったりしました。
ERI☆さんには、この他に、『 iittala 』 の Kartioタンブラーを2つと同じく
『 iittala 』 の Kid's Stuff のグラスセットをプレゼントしてくださいました。
Kid's Stuff はすでに廃盤になっているもので、以前購入しようと思って主人に
聞くまでの間に売り切れてしまった苦い経験のあったもので、とてもうれしかったです!
本当にERI☆さん、どうもありがとうございました!!
[PR]
by twins-house | 2007-08-31 21:36 | Life | Comments(0)

3歳を迎えました。

先日、双子の3歳の誕生日を迎えました。
思えば入居してすぐの行事が双子の2歳の誕生日だった。
あれからもう1年が経っていました。
家を建てて1年経つのが早いと感じたけれど、やっぱり
子供が3歳になるまでの1年の方が断然早かったです。

d0183368_21355454.jpg


主人の実家から4名、私の実家から3名、我が家4名の総勢11名。
たくさんのご馳走を食べ、たくさんのプレゼントを頂き、本当に幸せな双子だと実感しました。
これからの1年もきっと早く過ぎると思うけれど、双子にはまっすぐ育って欲しいと思いました。
[PR]
by twins-house | 2007-08-29 21:34 | Twins | Comments(0)

バセドウ氏病の症状。

甲状腺機能亢進症と診断された私。
内分泌の先生に、バセドウ氏病と言われました。
症状に当てはまるものは多々あり、それを私はいつものように、自分に
都合のいいように解釈していました。

バセドウ氏病の主な自覚症状・他覚症状を挙げてみたいと思います。

<< 自覚症状 >>
   ・ 汗が多い
   ・ 疲れやすい
   ・ 動悸がする
   ・ 手足が震える
   ・ 甲状腺腫がある
   ・ 暑さに弱い
   ・ やせた
   ・ 息切れする
   ・ イライラする
   ・ 食欲亢進
   ・ 排便回数が多い
   ・ 目の具合が悪い

<< 他覚症状 >>
   ・ 頻脈 (1分間に100以上)
   ・ 皮膚の変化
   ・ 震え
   ・ 甲状腺の血管音
   ・ 眼球突出
   ・ 心房細動

これらが挙げられていました。
その中で私が当てはまるものをピックアップし、私のいつもの都合の
いい方向へ考える説明付きでご覧下さい。

<< 自覚症状 >>
   ・ 汗が多い
     → 症状あり。夏だから汗が出るのは当たり前と思っていた。
   ・ 疲れやすい
     → 症状あり。子育ては疲れます。それゆえの疲れと思っていた。
   ・ 動悸がする
     → 症状あり。発作性上室性頻拍によるものだと思っていた。
   ・ 手足が震える
     → 症状あり。
       手が震えるときは字を書くとき。
        しかし、このPC時代。字を書く機会が少ないので、久々に
        書くから震えているのだと思った。
        足が震えるときは運転中アクセルペダルを踏むとき。
        小刻みにゆれ、上手くアクセルペダルの調節が出来なかった。
        我が家は車1台なので、あまり運転することがなく、久々に
        運転するが故の振るえだと思った。
   ・ 甲状腺腫がある
     → 自覚なし。
       しかし母には首が太くなったと以前から言われていた。
   ・ 暑さに弱い
     → 症状あり。夏だから暑いのだと思った。
       クーラーをつけないと寝れなく、5月からクーラーをつけて寝て
       いた。(ひとりだけ別部屋で寝てクーラーつけていた)
   ・ やせた
     → 症状なし。逆に下記にある食欲亢進のため、太ったくらい。
   ・ 息切れする
     → 症状あり。無意味に疲れ、息切れ。
   ・ イライラする
     → 症状あり。子育てするが故のイライラだと思った。
   ・ 食欲亢進
     → 症状あり。急に食欲がわき、四六時中食べている・・・
       そして体重増加。
   ・ 排便回数が多い
     → 自覚なし。
   ・ 目の具合が悪い
     → 最近目が腫れぼったくなった。水分の取りすぎだと思った。

<< 他覚症状 >>
   ・ 頻脈 (1分間に100以上)
     → 症状あり。発作性上室性頻拍によるものだと思った。
   ・ 皮膚の変化
     → 特になし。
   ・ 震え
     → 症状あり。上記参照。
   ・ 甲状腺の血管音
     → 自覚なし。
   ・ 眼球突出
     → 自覚なし。
   ・ 心房細動
     → 症状あり。発作性心房細動と診断される。

長くなりましたがこんな感じで病気のサインはたくさんありました。
しかし、全く気づきませんでした。
以前、心臓エコーの時に病院の方が不審に思われたのは、この病気の
せいでした。
そして、発作性上室性頻拍 になったとき、普通は発作時の心拍数が
200/分以下なのに対して、私は 240/分 だったのは、この甲状腺機能
亢進症と併発していたからだったということでした。
心臓の先生と私が妙に納得したことを覚えています。
別の病気のせいだった。
この一言に尽きます。

<< 甲状腺ホルモン数値①回目。に続く >>
[PR]
by twins-house | 2007-08-26 21:31 | Life | Comments(0)

循環器のK先生に洞性頻脈を指摘、懸念された私。
すぐに血液検査を行いました。

しばらくしてK先生が病室に来て、検査結果を告げられました。
「 検査の結果ですが、甲状腺ホルモンの数値に異常が見られました。
 普通の方の、4倍以上の数値が出ています。」
・・・甲状腺?
「 ホルモンの過多・・・ということですか?」
「 そうです。」
「 ・・・病名は?というか病気ですか?」
「 はい。この病名は甲状腺機能亢進症という病気になります。」
つくづく病気に縁がある私。
甲状腺機能亢進症。
友人の奥さんがこの病気でした。
「 それはつまり・・・バセドウ氏病・・・ですか?」
「 まだハッキリとは言えませんが、内分泌の先生を今から受診してもらいます。」

バセドウ氏病 。
つい先日、「たけしの本当に怖い家庭の医学 」 でも紹介された病気です。

それからすぐに内分泌の先生を受診。
甲状腺がある喉のエコーを行いました。
内服薬として、メルカゾール と メインテート が処方されました。
入院中、治療した発作性上室性頻拍 は根絶したものの、バセドウにより
新たな 発作性心房細動 を発症しました。
私の退院は延期されることとなりました。

<< バセドウ氏病の症状。につづく >>
[PR]
by twins-house | 2007-08-24 21:30 | Life | Comments(0)

入院・心臓カテーテル。

病名がはっきりし、データも取れたことで入院して治療することとなりました。
また、入院するにあたって、色々な検査も行われました。
その中に心臓のエコーがありました。
その時に検査をしている病院スタッフの方に気になることを言われました。
「今、緊張していますか?」
え、そんなことないけど・・・
病院はもう慣れっこだし、恥じらいはもうないし・・・(えーっ)
「 いえ、全く。」
「 そうですか・・・う~ん 」
「 何かおかしいですか?今の脈はどれくらいですか?」
「 そうですね、今は 110/分 ありますね。多いですね。」
「 ・・・多いですね。」

この会話が、新たな病気へのカギを握ることになるとは、私はおろか、
先生でさえもこの時点で気づくことはありませんでした。

さて、入院の流れはこうなっています。

< 1~3日目 >
  ・ 検査いろいろ
  ・ 内服薬 (病名が分かった時に処方されています)
    ・・・ ワソラン、抗生剤
  ・ 医師より病気・心カテの説明
  ・ ポータブル心電図を24時間付着
  ・ 尿測

< 4日目 >
  ・ 昼より絶食
  ・ 点滴
  ・ 心臓カテーテル
  ・ 尿測

< 5日目 >
  ・ 経過観察

< 6日目 >
  ・ 退院

上記のような流れです。
私の入院した病棟は心臓疾患病棟だったので、何人か同じようにポータブル
心電図をつけている方がいらっしゃいました。
しかしながら私と同じような年代の人はおらず、話し相手は同室の70歳代の
おばあちゃまたち。
これがまた、すごく仲良くなってずっと喋っていました。
会話は、いつもテーマがあって、それが病気であったり、家族についてだったり
そのなかで盛り上がったのは 魚のおいしい頂き方 でした。
これは盛り上がったなー!
ちなみにみんな私と同じ不整脈の K先生も受診していたりして。
その K先生についても盛り上がりました。

手術の時ですが、麻酔のように作用する安定剤?を注射されました。
痛かったのは、
筋肉注射!
これがこの入院生活の中で一番痛かったです。
耐えられないくらい痛かった・・・
すごく痛いのに、少しづつ注入しないといけないらしく、まさに拷問。
泣きそうでした。
もう二度とやりたくない!(キッパリ)

カテーテル術の間は眠った状態で手術を受けるそうなのですが・・・
その・・・私・・・
まったく安定剤が効かず・・・
はい、起きてました。
ずっと・・・(汗)

安定剤の量も増やされたにもかかわらず、
前日、よく眠れるように睡眠時間を削ったにもかかわらず、
寝ませんでした。
なので、本当は術後3時間経たないと、水分も食事も取れないんですけど
私、起きてたのですぐ食べてもいいといわれ、食べました。
先生、かなり驚いてました・・・すみません。
意識があったからと言って痛いとか、そういうのはありませんでした。
ただ、無理やり発作を起こさせるので、発作が起きたときは、
あっ、発作!
と思ったくらいでした。
それくらいしか自分に分かることはありませんでした。
術中、退屈だったので、せっかくだからとモニターを見せてもらおうと思い
お願いしたのですが無理でした・・・残念。
いい思い出になると思ったのに・・・。
ちなみにカテーテルは、右の足の付け根の大動脈からと、右の鎖骨下静脈
からの二箇所から入れました。

術後は足の付け根の動脈からカテーテルを入れているため、絶対動かす
ことが出来ず、ベッドの柵に足を括り付けられました。
これは次の日の朝まででした。
辛かったー!

大動脈からの出血もなく、晴れて自由の身になった次の日、先生とお話
したのですが、そこで私の脈拍が異常に早いことに気づきました。
じっとしていても150/分で、動くとそれ以上あります。

「ちょっと血液検査をしてみましょう。
  別の病気の疑いがあります。」

思ってもいなかった言葉に少し驚きながらも血液検査を行い、退院する予定
だった次の日に結果を聞くこととなりました。

<< 血液検査の結果・退院延期 >>
[PR]
by twins-house | 2007-08-22 21:27 | Life | Comments(0)

今年は

「 日本列島海岸線の旅 in 紀伊半島 」 に行ってきました。

前日までの大雨で紀伊半島は各地で通行止めや斜線規制
週間天気予報も曇りや雨台風じゃなかったらいいかとのんきに構え
休みを取ってしまっているので行かない訳にはいかないダンナと友達であった。
出発当日はウソのように快晴。しかし、相変わらず紀伊半島の天気予報は雨。
この日、ダンナはハンドの試合があったので昼からの出発となった。
高速をひた走る事3時間!予報通りの雨が・・・
それでも、1時間半早く、以前の「大間ツーリング」の出発点となった浜松西ICへ。
余裕があるので、少し先の道の駅「潮見坂」まで行き、お決まりの野宿。

翌朝、昨夜の雨は上がり青空がやはり日頃の行いが良いからだろうか?
渥美半島を廻り、蒲郡の竹島へ、ここの八百富神社で交通安全を祈願。

d0183368_21234248.jpg


近くに老舗のうどん屋があるとの事で探したが、開店前・・
食事を諦め、一気に知多半島を廻ると、名古屋市内は交通量が多そうなので
湾岸高速で三重県入り(長島SAでかろうじて名古屋名物「きしめん」を食う)

その後も、少し街中に入らないといけない「伊勢神宮」には目もくれず、
ひたすら紀伊半島を南下!
パールロードを抜け、初日の温泉場「浜島」へ到着
ゴーストタウンに近い状態だったが、温泉にはゆったり入れて言う事ナシ!
忙しい日常を忘れたい人にはいいかも。
この日予定していた宿?(施設)は民家が併設されているようだったので
近くの郵便局の軒下で就寝(横には卵の自販機が・・・)

夜が明けだす5時には起床
この日は、この旅で初めて「観光」という時間が事前に組まれた1日である。
早速、第1目的地の「鬼ヶ城」へ到着・・・しかし早すぎた。
奇岩を眺め戻ってくると、ようやく土産物屋も開店。
三重県が発祥の地という「さんま寿司」を頂いた。

続いて、第2目的地の「那智の滝」へ

d0183368_21243765.jpg


アホな写真を撮った後、「那智大社」でヨメの健康を祈願した

d0183368_212514.jpg


大汗かきながら本殿まで登ったのに、上にも駐車場があった(有料らしいけど)

お昼は勝浦でマグロか?クジラか?と考えていたが、クジラは無いとのことで
「鉄火丼」を頂いた。

第3目的地の「潮岬」の前に「橋杭岩」をチョロっと観光、潮岬もチョロっと観光し、
この日の宿を求め白浜入り

早速、宿を探すが、最初に目に付いた民宿案内所は怪しげだったので
観光協会に電話、紹介された民宿で交渉開始!
6300円が5500円になり最後は5000円で決着(言ってみるものである)
この民宿には内湯があったが、歴史があるという「牟婁の湯」に入った
晩飯は居酒屋で地の物と思われる品をアテに乾杯
浜ではメッセージ花火が上がっていた

布団でぐっすり寝ても起床は5時、「円月島」に別れを告げ、岐路につく
日ノ岬からの大パノラマ

d0183368_21254177.jpg


こういう景色を見ると帰りたくなくなる(特に岐路では、なおさらである)
更に紀伊半島を北上、当初通行止めだった区間も片側通行可
とここでダンナのバイクに異変が・・・異常に熱い・・・
案の定、冷却水のタンクがほぼ空に・・・
カー用品店を求め、走ることでバイクを冷やしながら和歌山入り
街中の渋滞でオーバーヒート直前!「オートバックス」を発見
クーラントを購入し補給、難を逃れた。
この旅最後の名物となるもの、和歌山といえば「和歌山ラーメン」
ヨメのリサーチによると 「 井出商店 」 が有名らしい。
開店時間前であったが、とりあえず行ってみた。
すると営業時間に変更が・・・ガムテープで貼り替えてあった。

開店直後に入店し食べ終わって外に出ると、既に行列が恐るべし有名店。
この後高速道路をひた走り我が家へ

d0183368_21263279.jpg


いつもの日常が戻ってくるのである・・・

(ダンナ)
[PR]
by twins-house | 2007-08-21 21:22 | Danna's favorite | Comments(0)

mog.

先日、双子が歯磨きをするときに口を濯ぐコップを購入しました。

d0183368_21211588.jpg


『 mog 』 の MAGNET CUP です。
店頭にこの色(ブルー)しかなかったので気がつきませんでしたが
ホワイトもあるみたいで、そっちにすればよかったなぁと少し後悔。
置くのではなく、飾る、という mogシリーズ。
我が家の設置場所は洗面所のミラーのところへ。

d0183368_21215040.jpg


すっきりしていて、マットな色がいい感じです。
ただ、子供の手に届かない場所なのでいちいち親が取ってやらねばなりません
が気がついた時に双子が PUPPY を持ち歩き、棚に上がって勝手に取ってる…
歯磨き大好きの双子たちはこのコップがいたくお気に召した様子。
これからもしっかり歯磨きをさせたいと思います。
[PR]
by twins-house | 2007-08-19 21:20 | Life | Comments(0)

ペルソナぁ~!

以前の私、かなりのゲーマーでした。
就職してからと言うもの、なにかと忙しかったり疲れたりでゲーム生活から
離れて早5~6年。
実家に帰ったら、弟がゲームをやっていたので見てみたら・・・

d0183368_21194556.jpg


ペルソナをやっていました。(ペルソナ3FES )
なんとなんと、主人公の アイギス の声は私の大好きな 坂本真綾 ちゃん!

d0183368_2120258.jpg


ペルソナなんて本当にプレイご無沙汰してました。
弟に大体のあらすじを聞いてしまった私。
またゲーム魂が熱く燃えてしまいそうです・・・
[PR]
by twins-house | 2007-08-15 21:19 | Life | Comments(0)

泣きっ面にハチ。

8月1日の価格改定に向けて、先月購入した iittala の KARTIO 。

d0183368_21183279.jpg


その中でも、国内定番外カラーで 他の色よりも高かったブラウン。
食洗機の中に無理な入れ方をしてしまって早速割ってしまいました・・・(号泣)
しかももう値上げしてるし!
泣きっ面にハチの出来事でした・・・
[PR]
by twins-house | 2007-08-14 21:17 | Life | Comments(0)

BLUE SKY.

d0183368_21173633.jpg

[PR]
by twins-house | 2007-08-13 21:17 | Life | Comments(0)