些細なこと。

最近は病気のことや家のこと、まだまだ他にも色んな悩みごとで心が小さくささくれ立っている様な
状態が続いています。
けれどふとした時に心が和らいだりしてそれがとても今の私には助かっています。

d0183368_17461565.jpg


姫が器用にもクリップでティアラを作っていました。
私には思いつかなかったアクセサリー作り。

d0183368_17463128.jpg


ブレスレットも。
100円均一のカラークリップがなかなかいい感じです。
夕方前、橙色の陽がリビングに入ってくるときも心が温まります。

d0183368_17465235.jpg


我が家の名カメラマン、姫の撮影です。
なかなかいい感じに撮影できてるでしょう?
メディアを整理している時に見つけた一枚です。
どうして姫と分かるのかというと、若が撮影すると必ずブレるんです。

今日もちょっと体調が悪くて、ダンナが双子を連れて外出しました。
それまで横になって休んでいた私、キッチンで見つけたあるものに思わず笑ってしまいました。

d0183368_17471973.jpg


砂時計を重ねた上にニワトリが(笑)
こんな器用な真似をするのは我が家の若でしょう。

d0183368_17473763.jpg


すごくツボだったので撮影してみました。
うんうん。
頑張りますよ~!
[PR]
by twins-house | 2008-01-24 17:45 | Life | Comments(0)

私たちが家を建てるにあたって、『 後悔だけはしないように 』 ということを常に考えていました。
だから4年に亘る土地探しから始まり、設計、建築中も何度も自分達が納得のいくように頑張ってきたつもりです。

分からないことは質問事項として書き出し、建築家さんとの都合をつけてもらって相談して自分達で納得して。
設計図がくしゃくしゃになるくらい見直して、モノの大きさが分からなければ実寸で再現してイメージして。
模型ももらえなかったのでダンナが全部手作りしてイメージをふくらませて。
設備の詳細もネットを使ってプリントアウトしてファイリングする。
土地に何度も通い、施工中の我が家に入ってはダンナと意見を交わす。
分からなければ聞く。

だから、実際に家が出来上がって、
「 ああ、ここにもうひとつコンセントがあれば掃除機をかけるときに楽なのに 」
とか、
「 ああ、ここに照明を付ければ暗くなかったのに 」
といったような後悔はしていません。
だってそれは何度も頭の中でシュミレーションをして、自分達で図面を見て納得しているからです。

掃除機をかけるのが大変なら、延長コードを使って長くして使えばいい。
照明が足りなければ自分達で買って置いたりすればいい。
それだけのことだからです。
だから不便と思ったことはありません。
(スイッチの切り替えが 設計事務所・施工会社・電気屋さん の三者に上手くまわってなかったので切り替えが出来なかった点は未だに不便ですが←私たちが現場で気付いたときはどうしようもありませんでした)

けど、前年皆様にお話した 『類似の設計の家が建ったこと』 は流石に予想していなかったので納得は出来なかった。
これは今も同じだし、もうどうしようもないことだから仕方ないこと。
(未だに納得は出来ませんが、私たちだけではどうにも出来ないので何とも言えないのですが )

さて、今回どうしてこのお話をしたかというと、「納得できないこと」が起きたからです。
それは 以前お話した不具合、『 照明の不具合 』 についてです。

d0183368_17424355.jpg


去年の12月(先月)、アフターの方に 『 照明が全て焦げているので、年明けにメーカーに送ります 』 と言われて待っていた我が家。
ようやくアフターの方から電話がありました。

『 メーカーに聞いてみましたら充分な広さが確保出来ていないそうなので、150mm(1.5cm)の筒をつけて、それから照明を付けます。来週で都合のいい日はありますか?』

・・・それっておかしくないですか?
だって、一歩間違えば火事になっていたんですよ?

筒ってどんなのですか?
それで大丈夫なんですか?
もう火事の危険はないんですか?

一度、説明に来られて、どういうものを取り付けるとか、どういう感じで照明が焦げたのだとか説明していただいてもいいと思うんです。
焦げる前に取り付けたドーナツ型の板だって見た目が悪かったけれど、そんなに見える部分じゃないし、安全を考えて取り付けたけれど今回は筒です。
デザイン面でも大きく変わると思うし、いや、まず、これって誰の責任でしょう?

私たち、どなたからも
「すみませんでした。火事になる(大変な事になる)ところでした。」
という言葉すら聞いてないです。

電話を受けた私の頭の中ではぐるぐるぐるそんな想いが駆け巡りました。
「 えっと…これって、建築家さんご存知なんですか?」
だって、設計したのは建築家さんですから。
「 いや、ご存知ないと思います。私(アフター)から言える立場ではありませんので。」

いやいやいや、そうかもしれませんが。
今回の問題ってその程度の問題でしょうか?

たまたま私たちが家に居たからよかった。
でも もし照明を付けたまま外出していたらどうなってました?
私たち、よく照明付けたまま夜に外出することありますよ?
もしそんな外出中に今回の不具合が出てたらどうなっていました?
きっと煙だけじゃすまなかった。
もしかしたら家が燃えてたかもしれない。

そういう自体だったのにこんなに簡単に、
「来週筒を付けます、いつがいいですか?」
でいいんでしょうか?
私の考えがおかしいでしょうか?

でもこれは私は納得できませんでした。
主人も同じ意見でした。

「とりあえず、そちらから○○さんと、あと建築家さんを呼んで説明の場を設けてください。」

その旨を伝えて電話を切りました。
どうなることやら…
私の心労は増えるばかりです。
[PR]
by twins-house | 2008-01-18 17:41 | House | Comments(0)

お気に入りのポーズ。

ご無沙汰しています!
さて、我が家の双子ですが、最近とってもお気に入りのポーズがあります。
それはこちら。

d0183368_17331639.jpg


階段で足の裏と裏をくっつけ合わせることなんです。
そして写真撮影を強要してきます。
その写真集の一部分をご覧下さい。(↓)

d0183368_1733316.jpg


『 さ、若、くっつこう!』
という姫の合図で始まります。
若もとても楽しそうに階段に向かいます。

d0183368_17334882.jpg


『 ふふ、くっついてる~ 』
楽しそうで何よりですけど…

d0183368_17341154.jpg


まだ撮らせるの?

d0183368_17343286.jpg


くっつきたいときにくっつき、そして笑い合う。
とってもご機嫌なふたりになります。
いや、微笑ましいですけれども…
その度にデジカメ強要するのはやめない?
だって、服が違うだけだから…(苦笑)
まだまだこれはほんの一部分。
全部違うんですよ、時間も日にちも。
いや~、まだありますよ~…
動画撮影まで要求されてますからね…
[PR]
by twins-house | 2008-01-13 17:32 | Twins | Comments(0)

新年、明けましておめでとうございます。
大晦日から始まった実家巡りが終わり、ようやく帰宅致しました。

d0183368_17314490.jpg


そんな本日はダンナの誕生日です。
が、当の本人は仕事で日付が変わってからの帰宅となります(苦笑)

今年も皆様にとって素敵な年でありますように…!
[PR]
by twins-house | 2008-01-04 17:31 | Life | Comments(0)