<   2011年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

またもや。

またもや雪が降りました!
こちらの地方でこんなに雪が降るのは本当に何年ぶりでしょう。

d0183368_11492125.jpg


キッチンから外を撮影。
寒いので出ずに写真を撮る、ぐうたらな私です。

しかし、双子たちは再びの雪におおはしゃぎで外に出て行きました。
元気だなぁ!

d0183368_11511341.jpg



ダンナも一緒に外へ。


d0183368_11515521.jpg



楽しそうでなによりです。
え、私?
相変わらず家の中から撮影班です。
でもそれだといつも同じアングル。
外に出て撮影してみましょう。


d0183368_1153113.jpg



庭では早くも雪だるま作り。
前回は雪がサラサラすぎて作れなかったんですが、今回の雪は湿気があって雪だるまには最適!


d0183368_1154469.jpg



今回は雪がたくさんあるので大きな雪だるまになりそうです。


d0183368_11552581.jpg



記念にパチリ☆
僕より大きい雪だるまだよ!

その後も真っ暗になるまで遊び、あくる日の今日。
なんとびっくりなものが出来ていました。


d0183368_11563666.jpg



ダンナによる"かまくら"です。
朝早くから居ないと思ったら外で黙々と作っていました。


d0183368_11581756.jpg


かまくらの中で飲む紅茶ラテ。
格別のようです。

ここ最近は本当に何年もこんなに雪が降ることはなかったし、また、降った雪は遊べるほどの量もありませんでした。
なので今年の冬は本当に雪が多くてびっくり。
かまくらも、双子はもちろん私たち夫婦も初体験。
写真もたくさん撮ったし、双子の思い出にしっかりと残ってくれるといいな!
[PR]
by twins-house | 2011-02-13 12:03 | Life | Comments(2)

森正洋。

白山陶器の食器を買いだしてから、どんどんと増えているものがあります。

d0183368_15114088.jpg


簡素なサインが入った、森正洋さんの作品のひとつ。
もうお分かりですか?
とっても使いやすく、どんなものにも応用が利く素敵な器です。
それはこちら。


d0183368_15142739.jpg




1992年の発表以降、白山陶器を代表する器となった"平型めし茶わん"。
翌93年にはロングライフデザイン賞も受賞しています。



d0183368_1515457.jpg



この平茶わん、"茶碗"と名がついてはいますが、かなりの規格外商品。
直径は15cm、高さは5cmと少し。
広く浅い茶碗となっています。
実際に手にとると、その大きさと浅さに少し驚いてしまうんじゃないかな?

そしてこちらの平茶わん。
ご飯を盛ると、とっても上品。
なんだか背筋がピンと伸びちゃうような、そんな気持ちになっちゃいます。
また、この茶碗のいいところは"盛るものは御飯だけにとどまらない"ということ。
お豆腐やお浸しなど、これまたとっても美味しそうに見せてくれるのです。
我が家では、大人も子供もこのお茶碗でご飯を頂きます。


d0183368_15341278.jpg



種類も豊富で、試作品も合わせると300種類近くあるそう。(確か…)
私が持っているのは全部白ですが、色ものもあります。
白山のショールームには常に数十種類が並んでいますが、実際に見るととにかく目移りします。
間違いなく迷います。
でもその悩んじゃう時間が、とっても楽しいんですよね。
長崎の波佐見にある本店ショールームに足を運ぶことが出来るのは年に一度あるかないか。
それ以外で買い物がしたいなぁと思うときは、近くに住む友人が代わりにお買い物してくれます。
先日もお買い物をお願いしたのですが、届いた商品の他にかわいいお皿が。


d0183368_1545513.jpg



シリーズ名は"PiPi"。
ぽってり、ちんまりした、とってもかわいいお皿です。
友のサプライズに驚きつつ、感謝感謝。
いつもありがとう!


d0183368_1546577.jpg



白山陶器の器たち、知れば知るほど、手に取れば取るほど、その魅力にホレボレしちゃいます。
北欧食器にもよく似合う白山陶器の器。
皆様もいかがですか?
[PR]
by twins-house | 2011-02-05 16:10 | Life | Comments(4)