「ほっ」と。キャンペーン

タグ:インテリア ( 154 ) タグの人気記事

d0183368_08375845.jpg

今日は、以前もチラリと紹介したことのあるこちらについて。


無印の『壁に付けられる家具』シリーズです。

我が家には色々とフィギュアがありますが、それらを飾るために、以前はこちらの無印の『壁に付けられる家具・棚』を使っていました。
IKEAの家具で作ったフィギュア棚が出来てからは、取り外したまま、使われることなく放置されていたこちら。

ちなみに購入していたのはこちらたち。


88cmのものは2つ……いや、3つ?くらい買っています。

取り付けた感想としては、シンプルかつすっきりしてとてもいい感じでしたが、とにかくこれを設置するにはまず『壁に穴を開けなくてはならない』ということ。
新居で壁に穴をあけるのはちょっと…とか思っていると、なかなかこういう家具は取り付けられませんよね。
しかもこの棚の取り付け部品がけっこうなものでして。
けっこう頑丈な感じのピンで穴も思ったよりしっかり開いてしまいます。
まあそれは、物を乗せる家具なので丈夫でないと困りますもんね。

で、そろそろこの壁に付けられる家具を有効に使おう!ということで別部屋に設置しようと思ったのですが、ここで困ったことが。
なんと、取り付けパーツ・部品がまったく見当たらない!
捨ててはない……捨ててはいないはずなのに、どこを探しても見つかりませんでした。
こりゃ困った……部品がないと取り付けられない……と思っていたのですが、さすが無印さん、部品も別売りで売ってありました。


ひとつも見つけることができなかったので、家具の数だけこちらも購入したので、結構いいお値段になってしまいました…。
でも取り付けられないよりはよっぽどいいかなと思って!


d0183368_22480490.jpg


以前はフィギュアを載せていましたが、これからはマンガを載せていきたい所存です。

ちなみにマンガを立てるとこんな感じ。


d0183368_22493421.jpg


ちなみにブックスタンドも無印のもの。

おお振りは、ふつうのコミックス(ジャンプコミックスとか)と比べてちょっと大きいので、ちょっとはみ出るかな、くらいです。
(余談ですが、おお振りでは田島が好きです♡)
設置したこちらのスペースは我が家で唯一のクローゼットで、せまい狭い部屋なのですが、壁の上部ってあまり用途がなかったのでいい収納スペースができて個人的に非常にホクホクです。
でも設置して早半月が経つのですが、どのコミックスを置こうかとまだ悩んでいる最中。
この間、ずっと気になってて仕方なかったワンパンマンとDAYSとヒロアカを我慢できずに一気に買い始めたので、たぶんそれらが並びそうな予感…。

そうそう。
実は『壁に付けられる家具』、まだ他にあるんです。



こちらの『壁に付けられる家具・長押』も買ってるんです。
でもまだこれ、半年以上たった今でもまだ取り付けられずに箱の中に…。
澤野弘之さんのとか、Aimerのとか、ハイキュー関連のCDとか…もろもろ飾って愛でたい……と思って買ったんですが、いま自分が取り付けたいなと思っている壁はまっさらで広くてキレイで、穴をあける踏ん切りがつかないのです。
白くて広い壁に穴をあけるって、とっても勇気のいる行為。
また取り付けられたら報告しますね。



[PR]
by twins-house | 2016-10-25 23:04 | House | Comments(0)

パンと目玉焼き.

d0183368_08040712.jpg
私のTシャツのショッキングピンクの色がほんのり写りこんでいる…(汗)



先日、たまたま立ち寄った雑貨屋さんで見つけたこちら。
パンの上に目玉焼きが乗ってるイラストが可愛くて衝動買いしてしまいました。

実はこういうパンに目玉焼き…っていうのに弱いわたし。



d0183368_08283283.jpg



双子のCUNEのTシャツにもパンと目玉焼きが。

なんだろう、色合いかな。
とにかくこの組み合わせに弱いのです。



d0183368_08302235.jpg



パンに目玉焼きの柄はひとつひとつ違っていて、この配置がわたしの好みだったのでチョイスしてお買い上げ。
手のひらほどしかない小さながま口財布。
買っただけで満足してしまう傾向のあるわたしなのですが、そうならないよう使っていきたいと思います。




[PR]
by twins-house | 2016-10-11 08:03 | Life | Comments(0)

d0183368_10530919.jpg


先日、ネットで知り合ったベルリンのお友だちから素敵な贈り物をいただきました。
AMPELMANN の栓抜きです。



d0183368_10530930.jpg


もともと彼女と知り合ったのは、とあるマンガつながりだったのですが、そのマンガ関連のことを通じてお話するようになって今でもメールや手紙を通じて仲良くさせていただいてます。
コミュニケーションはどうやってとっているかというと、彼女が英語・韓国語・ドイツ語・日本語が話せる(しかも書ける!)ので、英語もまったくダメなわたしは彼女に甘えてオール日本語でのやりとりです。


d0183368_11074008.jpg


どちらかというと、日本のマンガに興味があるのでこちらから日本のものをお送りすることが多いのですが、先日ドイツから荷物が届いてびっくり!
わたしは仕事で、双子が荷物を受け取ったのですが、双子たちの方がびっくりしたことでしょう。
メールで「海外から荷物が来たよ!切手がキレイ!」って画像つきで送ってきました。

今回の荷物にはわたしが喜びそうなものがたくさん詰まっていて、しかもひとつひとつにお手紙が付いていてとても感動しました。


d0183368_11130447.jpg


こちらは色鉛筆。
そしてスケッチブックみたいなノート。



d0183368_11140617.jpg

このフェルトみたいな硬い生地の色合いがとても素敵なんです。
ブルーとグレーが入り混じったみたいな不思議な色合い。

お手紙も日本語で書いてあって、しかもわたしより字が上手くってびっくりしっぱなしです。
2ヶ月に一度、日本から送るのが常なのですが、こうして実際にやりとりするとお手紙のすばらしさってすごいなって再確認しました。
そういえば、こちらからお荷物送る時に 鋼の錬金術師の切手を使ったらすごく喜ばれました(笑)。
さすが日本のアニメは偉大です。

ネットを通じてこうやって実際にお手紙やメールでやりとりするようになった方が、実は彼女以外にも(日本の方ですが)結構いらっしゃいます。
そのほとんどがまあ…アニメとかマンガ関係なのですが、実際にお会いした方もいらっしゃったり…。
もう7~8年の付き合いになる方もいらっしゃいます。
昔じゃ考えられなかったけれど、こういう風にやりとりができて、しかも友だちになれたりするってすごいなぁと思います。
今回のドイツの友だちとはもうじき2年の付き合いになります。
長くお付き合いしていけるといいな。



d0183368_10530999.jpg

[PR]
by twins-house | 2016-06-04 11:26 | Life | Comments(0)

音楽のあるくらし.

d0183368_10494773.jpeg



もう何度目になるんだろうって思うくらい話題にしてる、音楽のあるくらし。
我が家を建てるときに「どうしても付けてほしい」とねだりにねだって付けてもらったのが天井埋め込みスピーカー。
テレビをつけず、ここから流れてくる音楽を聴きながらまったり読書(マンガとか小説とかなんですけど一応それも立派な読書)をするのが好きです。
テレビはまったく観ない!…というわけじゃなくて、気になるテレビは録画して、夜、家族みんながそろったときに観るのが日課になっています。
……深夜アニメばかりなんですけど。

天井スピーカーから流すのは大好きな作曲家の澤野弘之さんや管野よう子さんのサントラや、これまた大好きな歌手Aimerの歌声だったり。
朝起きて、まず一番に天井スピーカーから音楽を流すのがわたしの日課です。
朝から大好きな音楽に包まれて活動できるのはとっても幸せ。

そういえば。
先日、ある夢を見まして。
なぜかいま住んでいるこの家を売って新築マンションを買うっていう夢だったんですけど、担当の営業さんに「なにかご要望ありますか?」と聞かれ、真っ先に「音楽を流せるよう、スピーカーを埋め込んでください!」と言ったのを今でも覚えています。
それくらい私にとって音楽のあるくらしは大切なのです。

今日は天気もよく、窓を開けて、コーヒー片手に天井から流れてくる音楽を聴いています。
いつもいつも同じ曲だけど、本当に大好きな音楽。
ぜひみなさんも音楽のあるくらしを試してみてくださいね。




[PR]
by twins-house | 2016-05-08 10:48 | Life | Comments(0)

Wストウブ.

d0183368_17514919.jpeg



手前のストウブで煮込み料理、奥の少し小さなストウブでご飯を炊いています。

ちょっぴり小さなストウブでいつものようにご飯を炊くと、どうしても吹きこぼれちゃう。
まだまだ自分流の炊き方を極めねば…!

でもこうやってお気に入りの道具を使っている時って眺めているだけで幸せ。
道具に恥じないようにこちらも頑張らないとなと思ってしまいます。
頑張るぞ〜〜!




[PR]
by twins-house | 2016-03-13 17:49 | Life | Comments(0)

障子で遊ぶ.

d0183368_09071789.jpeg



我が家には小さいですが和室があります。
最初の設計案では和室はなかったのですが、小さくても和室が欲しくて取り入れてもらいました。
和室には窓があって、はめ殺しの障子もあります。
普通は障子紙って全面に貼るのですが、全面に貼ってしまうと窓の開閉ができません。
なので障子紙は鍵の開閉が出来るように真ん中をくり抜いて、あとは風が通りやすいように主人の気分次第で適当にくり抜いてもらっています。
今はこんな感じ。
こんなことをするのは邪道なのかもしれないけれど、これはこれで結構いいものです。
畳に映る影もキレイ!
ちなみに寝相が悪い双子がいるので、いつもどこかに穴があいています…。
今は2ヶ所かな?
さあ、また貼り替えてもらわなくっちゃ!




[PR]
by twins-house | 2016-03-07 09:06 | House | Comments(0)

また来年.

d0183368_19072795.jpeg



桃の節句が終わりました。
一年に一度の出会いであるお雛様。
毎年恒例の、お雛様と一緒に記念撮影を終えて片付けに入りました。
また、来年会いましょう。




[PR]
by twins-house | 2016-03-04 19:06 | Life | Comments(0)

たまには新しいもの.

d0183368_08393785.jpeg



今まで、いただきもののタオルを使っていました。
いただきもののタオルってなかなか後が切れることなく貰うんですよね。

そんな中で初めて自分でタオルを買ってみました。
こちらはトイレのタオル。
イタズラネコ好きな若でも好むように、今治タオルのこちらのネコちゃんをお迎えしました。
かわいいし、自分で選んだからなのか、ものすごく愛着が湧いてしまいます。
たまには自分で買うのもいいものですね!





[PR]
by twins-house | 2016-03-03 08:38 | Life | Comments(0)

ステキな珈琲店.

もう随分と前になるのですが、広島県の宮島方面に行った時に素敵なコーヒー店をみつけました。



d0183368_12235481.jpg




広島県は宮島口にある「伊都岐珈琲factory」さんです。
広島港のすぐ近く、広電宮島口前にあるコーヒー屋さんなんですが、外から見てもすごくステキなお店だったのでフラフラと入ってしまいました。
お店の中に入ると同時に、店内には大好きなコーヒーの香りがたっぷりしてて…。
それもそのはず、こちらは焙煎所にもなっているようでした。


d0183368_12235495.jpg



コンクリート造りの店内はどこを見ても『素敵』のひとことにつきます。
わたしたちが行ったのが夜ということもあってお客はわたしたちだけ。
田舎者なわたしなので、店員さんに許可をいただいてiPhone片手にバシャバシャ写真を撮ってしまいました。



d0183368_12235412.jpg



夜に来店したとあって、とても雰囲気があって落ち着きます。
使われてるインテリアもさりげなくて素敵で、なにもかもがオシャレに見えちゃう…。(いえ、実際オシャレなんですけど)
実はこのお店には昼間にも立ち寄って、その時に応対して下さった女性の店員さんがすごく感じがよくて可愛くて優しくて、またその優しさと美味しいコーヒー飲みたい…と思って買い物帰りにまた立ち寄っちゃったわけなのでした。



d0183368_12081705.jpg




地元にはこんなにオシャレなお店がないし近くに焙煎所もないので、双子たちは目の前にあるたくさんのコーヒー豆を見てちょっとテンション上がってたり。
わたしもコーヒーは毎日飲んでいて大好きなのですが、あまりコーヒーに詳しくなく…。
そんなわたしに味の違いを店員さんが丁寧に教えてくださってホイホイと豆を購入してしまいました。

店内ではコーヒー器具の販売もあったりして、”家に何も器具がないから淹れられないわ…”という方にもいいと思います。



d0183368_12180487.jpg



双子たちも自分のお小遣いを出して好きな飲み物を注文したりして、家路につきました。
コーヒーもとても美味しかったし、とても落ち着く店内だったし。
また近くに行った時には立ち寄りたいなと思いました。
皆さまも、宮島を訪れた際にはぜひ立ち寄ってみてくださいませ!



d0183368_12235460.jpg





[PR]
by twins-house | 2016-02-23 12:24 | Life | Comments(0)

さて、我が家のマンガもだんだん増えてきて本棚を導入しないとだめだ~ってくらいの量になってきました。
ところがこのマンガ本用の本棚。
色々と探しに行ったけれど、なかなか気に入るものがありません。
IKEAも見たけどイマイチだったし、マルゲリータの本棚もいいな…と思ったのですが、うちは斜め天井で設置が難しいということで断念。
いろいろ迷った挙句、既製品の普通の収納棚を簡単にDIYすることになりました。

まず、本棚の設置場所は、以前主寝室として使っていた部屋。
義両親が半年間同居していたときその部屋を使ってもらっていたのですが、同居が終わったと同時にベッドも処分し、その元主寝室(通称 ガラスの部屋:壁の一面がガラスなので)は現在、昔のソファが置いてあるだけになっていました。
そこに新たに仲間に入ったのがこちらの本棚です。



d0183368_09000050.jpg



なぜ2列にしたかというと、将来的にこの上にテレビを置きたいから。
今はまだ必要性を感じないので買い直しませんが(去年、実家に譲ったので)今年~来年あたりには…と目論んでいるところなのです。

さて。
この無印のシェルフ、自由に組み合わせることができるシェルフ。
本当は6段×2列にしたくて「じゃあ組み合わせよう!」ってなったのですが、無印の店員さんが調べて下さった結果、強度的な問題で6段には組み合わせることができないことが判明……残念。
同じシリーズで1段×2列のみ…というシェルフもあるので、どうしても必要ならばまた買い足したいと思います。

で、この5段×2列のシェルフ。
ひとつあたりの空間にはちょっと奥行きがあります。
高さもあります。
だったらマンガを奥と手前に置いちゃおう~マンガも上下2段入るなら入れちゃおう~~っていうのがマンガ持ちの心理。

ということでホームセンターに木材を買いに行きました。




d0183368_12523006.jpg



自分で切ると誤差が出ちゃったりして出来栄えも見栄えもよくないので、ホームセンターでカットしてもらいました。
このサービス、ちゃんとミリ単位で指定しても切って下さるんですね~。

で、こちらの木材をダンナが丁寧にやすりをかけてキレイにし、木工用ボンドで接着。




d0183368_12550618.jpg



もはやDIYではなく、図工のレベル。
この形を10個作り上げたら完成です。




d0183368_12555539.jpg




最初はコの字を組んで入れるんじゃなくて、天板だけを載せるように(シェルフ自体にも加工して載せれるように)しようとダンナは考えていたようなのですが、もし別の用途で使うようなことがあったときに加工跡が残るのでやめてもらいました。
コの字にするとその木材の厚みの分、本が入らなくなっちゃうよ?と言われたのですが、それはそれで仕方ない。





d0183368_13072281.jpg



ひとつのスペースで見てみると、コの字の上の段はだいたい単行本25冊分。
下の段は木材分の厚みがあるため、2冊すくない23冊くらい。
で、奥行きがあるため奥と手前に置けるのでその2倍。
上の段は50冊、下の段は46冊分、だいたいひとつのエリアに100冊弱の本が収納できます。
このスペースが10スペース。
1000冊…まではいかなくとも、だいたい900冊以上の本が収納できるってこと?
ん~~~、いいじゃないですか~~♪

まだ全部は移動できてないし整理も出来ていないんですが、とりあえずはドラゴンボール並みにあちこち散らばってたマンガ本を一ヶ所にまとめることができてうれしい~。
時間があったら、どこの段にはどんな本があるか、ちゃんと分かるようにシェルフに本棚シールでも作ります。
じゃないと奥の本は何が入ってるか分かんなくなっちゃいますからね~。
ソファもあるし、エアコンもあるし。
快適な図書室になりそうです♪



[PR]
by twins-house | 2016-02-02 13:24 | DIY | Comments(2)