今年は

「 日本列島海岸線の旅 in 紀伊半島 」 に行ってきました。

前日までの大雨で紀伊半島は各地で通行止めや斜線規制
週間天気予報も曇りや雨台風じゃなかったらいいかとのんきに構え
休みを取ってしまっているので行かない訳にはいかないダンナと友達であった。
出発当日はウソのように快晴。しかし、相変わらず紀伊半島の天気予報は雨。
この日、ダンナはハンドの試合があったので昼からの出発となった。
高速をひた走る事3時間!予報通りの雨が・・・
それでも、1時間半早く、以前の「大間ツーリング」の出発点となった浜松西ICへ。
余裕があるので、少し先の道の駅「潮見坂」まで行き、お決まりの野宿。

翌朝、昨夜の雨は上がり青空がやはり日頃の行いが良いからだろうか?
渥美半島を廻り、蒲郡の竹島へ、ここの八百富神社で交通安全を祈願。

d0183368_21234248.jpg


近くに老舗のうどん屋があるとの事で探したが、開店前・・
食事を諦め、一気に知多半島を廻ると、名古屋市内は交通量が多そうなので
湾岸高速で三重県入り(長島SAでかろうじて名古屋名物「きしめん」を食う)

その後も、少し街中に入らないといけない「伊勢神宮」には目もくれず、
ひたすら紀伊半島を南下!
パールロードを抜け、初日の温泉場「浜島」へ到着
ゴーストタウンに近い状態だったが、温泉にはゆったり入れて言う事ナシ!
忙しい日常を忘れたい人にはいいかも。
この日予定していた宿?(施設)は民家が併設されているようだったので
近くの郵便局の軒下で就寝(横には卵の自販機が・・・)

夜が明けだす5時には起床
この日は、この旅で初めて「観光」という時間が事前に組まれた1日である。
早速、第1目的地の「鬼ヶ城」へ到着・・・しかし早すぎた。
奇岩を眺め戻ってくると、ようやく土産物屋も開店。
三重県が発祥の地という「さんま寿司」を頂いた。

続いて、第2目的地の「那智の滝」へ

d0183368_21243765.jpg


アホな写真を撮った後、「那智大社」でヨメの健康を祈願した

d0183368_212514.jpg


大汗かきながら本殿まで登ったのに、上にも駐車場があった(有料らしいけど)

お昼は勝浦でマグロか?クジラか?と考えていたが、クジラは無いとのことで
「鉄火丼」を頂いた。

第3目的地の「潮岬」の前に「橋杭岩」をチョロっと観光、潮岬もチョロっと観光し、
この日の宿を求め白浜入り

早速、宿を探すが、最初に目に付いた民宿案内所は怪しげだったので
観光協会に電話、紹介された民宿で交渉開始!
6300円が5500円になり最後は5000円で決着(言ってみるものである)
この民宿には内湯があったが、歴史があるという「牟婁の湯」に入った
晩飯は居酒屋で地の物と思われる品をアテに乾杯
浜ではメッセージ花火が上がっていた

布団でぐっすり寝ても起床は5時、「円月島」に別れを告げ、岐路につく
日ノ岬からの大パノラマ

d0183368_21254177.jpg


こういう景色を見ると帰りたくなくなる(特に岐路では、なおさらである)
更に紀伊半島を北上、当初通行止めだった区間も片側通行可
とここでダンナのバイクに異変が・・・異常に熱い・・・
案の定、冷却水のタンクがほぼ空に・・・
カー用品店を求め、走ることでバイクを冷やしながら和歌山入り
街中の渋滞でオーバーヒート直前!「オートバックス」を発見
クーラントを購入し補給、難を逃れた。
この旅最後の名物となるもの、和歌山といえば「和歌山ラーメン」
ヨメのリサーチによると 「 井出商店 」 が有名らしい。
開店時間前であったが、とりあえず行ってみた。
すると営業時間に変更が・・・ガムテープで貼り替えてあった。

開店直後に入店し食べ終わって外に出ると、既に行列が恐るべし有名店。
この後高速道路をひた走り我が家へ

d0183368_21263279.jpg


いつもの日常が戻ってくるのである・・・

(ダンナ)
[PR]
by twins-house | 2007-08-21 21:22 | Danna's favorite | Comments(0)